白髪隠し

手に付かない速乾白髪隠しは?時間を置いてティッシュで拭いてみた。

手に付かない白髪隠し比較

手に付かない白髪隠しはどれだろう、と思い小規模ですが実験してみました。手持ち4種類の白髪隠しを髪に塗布し、5分後ティッシュで拭いてみました。

手に付かない速乾白髪隠しはどれ?

手持ちの白髪隠しで手に付かない速乾性を比較してみました。ティッシュに色移りしないものが安心だとは思いますが、大きい面に塗る時には不便なこともあり、実際の使用法とは異なりますのでご注意くださいね。

まずまっさらなティッシュを用意して自毛に白髪隠しを塗布しました。

手に付かない白髪隠し

5分間そのままにしてティッシュで塗布部分をふき取り。

4種類の白髪隠しを比較してみると、正直驚きました。一番色移りするだろうと思われたシエロ(液体だから)が、5分後ほとんど色移りなしという結果。しかし再度水分に触れてしまうと、少し色落ちするんだそう。

指先の形が出たり、髪の毛のラインが出たりしてます。この部分がさっとふき取りしたところです。

手に付かない白髪隠し
あとの3種類のコンパクトタイプの白髪隠しだと、右から2番目の利尻ヘアファンデーションが優秀な結果に。本体の性質の違いがよく分かりますね。

ウェラトーンはもともとパウダータイプなので、こすると色移りします。それよりは利尻ヘアファンデーションが定着する感じ。DHCは5分では短すぎるのでしょう。

シエロは手に付かない こめかみの数本にはいい

白髪隠しコーム
シエロはこめかみ周りをするする、とカバーするのにとっても便利な白髪隠しです。地肌につかず、自然な仕上がりになるので、外出前の忙しい時間帯に使えるのが便利。これね、小さいですがパパッと塗れるので、1本あると便利です。購入して後悔がなかった。手軽!!

頭頂部の分け目なら利尻ヘアファンデーション

利尻ヘアファンデーション使用
頭頂部の分け目に塗るなら利尻ヘアファンデーション。指2本分ほどのブラシがしっかりと頭皮に届き、ぐっと横に引くようにして髪に密着させます。

ふき取ったティッシュを見ると、パウダーが細かく、ダマになっていないのが特徴。ブラシにきちんととれると、髪全体に広がって伸びがいい。乾くのも早いという事だと思います。ファンデーションタイプですが扱いやすい

\しっとり成分がたっぷり配合/

 利尻ヘアファンデーション

手に付かない白髪隠し まとめ

個人的な意見なのですが、白髪隠しとしては高額な利尻ヘアファンデーションは、やっぱり工夫がされています。ファンデの粒子が細かく、早く乾きやすいうえ、均等に塗れる。

また、シエロも普段使いには便利。コームタイプなので頭皮に付かないのも、手早くきれいに仕上がるヒミツです。容量が少なくあっという間になくなってしまうので、物足らない部分もありますが、購入後の後悔は全くないです。

値段って高いものは手が出しづらいですが、それなりの理由があるからこの価格なんだなというのを実感した比較だった思います。塗ってみないと分からないよね。

~ごましおプリンが愛用中の良く染まるヘナ~