白髪隠し

オーガニックで人気の高い白髪隠し。理由まで考えたよ。

オーガニック 白髪隠し

白髪隠しが必要な私たちは頭皮環境にも悩みがあります。すぐにかゆくなったり、頭皮が赤っぽかったり。さらに白髪と同時に薄毛の心配もあり、なるべく安心して使える白髪隠しがいいんです。オーガニックなら皮膚に刺激が少なく安心、という方も多いです。植物系なのでかぶれの心配がある方は、事前パッチテストは必須です。

オーガニック白髪隠し

大きく分けて直接塗るタイプと、パフで塗るタイプがあります。成分はどちらもオーガニックヘナを使っているものをピックアップしました。

グリーンノート ヘアカラースティック

ヒマシ油、ジイソステアリン酸ポリグリセリルー2、ジカプリン酸ネオペンチルグリコール、キャンデリラロウ、ミツロウ、ホホバ種子油、イソステアリン酸水添ヒマシ油、カルナウバロウ、酢酸ステアリン酸スクロース、ジ水添ロジンダイマージリノレイル、ヘンナエキス、椿油、カミツレエキス、ローズマリーエキス、褐藻エキス、ガンマオリザノール、トコフェロール、(+/-)アルミナ、 シリカ、酸化鉄

石油系成分は使っていないそう。細かい部分にしっかりフィットするので、こめかみ周りの白髪隠しに使えます。スティックタイプなので

  • 手が汚れない
  • 塗りたい場所にしっかり塗れる
  • 細かい部分にも塗れる

という点が評価ポイントです。

グリーンノート ヘアカラーファンデーション

マイカ、ミリスチン酸亜鉛、ジカプリン酸ネオペンチルグリコール、シリカ、ヘンナエキス、椿油、カミツレエキス、ローズマリーエキス、ガンマオリザノール、褐藻エキス、ヘキサ(ヒドロキシステアリン酸/ステアリン酸/ロジン酸)ジペンタエリスリチル、パルミトイルプロリン、ジミリスチン酸AI、ステアリン酸、パルミチン酸、パルミトイルグルタミン酸Mg、パルミトイルサルコシンNa、ステアロイルグルタミン酸2Na、ジイソステアリン酸ポリグリセル-2、トコフェロール、ココイルアルギニンエチルPCA、BG(植物由来)、(+/-)水酸化AI、タルク、酸化チタン、酸化鉄、カーボンブラック

こちらも石油系成分は不使用。パウダータイプなので薄毛もカバーするそう。広い範囲の白髪をふんわりとカバーすることができます。頭頂部に使うといいとか。

  • 分け目や頭頂部など広い部分にふんわりと付く
  • べたつかず使いやすい
  • スポンジの汚れが手に付くのが気になった

などの声が聴かれました。スポンジタイプはスポンジを汚れないよう、洗い替えを用意してから使い始めた方がうまくこなせそうですね。

オーガニックヘアタトゥー

ヘナタトゥーは腕や手に入れる消えるタトゥーです。気軽にタトゥーを楽しむ感覚で、頭皮に成分を乗せ、薄毛と白髪をカバーします。アートメイクはまだ怖いけど、ヘナなら挑戦できる方におすすめ。

(ブルーグレイ)ゲニパアメリカナ果実(JAGUA)・ゲニパアメリカナエキス(JAGUA)・ナンバンアイ葉(INDIGO)・ヘンナ(HENNA)・クルミ殻粒・アンマロク果実・チャ葉・バコパモンニエラエキス・バラエキス・タカサブロウ葉・カミメボウキ葉エキス・ムクロジエキス・アカシアコンシナ果実・コーヒー種子エキス・アセンヤクノキガム・コロハ種子エキス・メリアア ザジラクタ葉・ミロバラン果実エキス・レモン果皮

(ダークブラウン)ヘンナ(HENNA)・ゲニパアメリカナエキス(JAGUA)・クルミ殻粒・アンマロク果実・メリアア ザジラクタ葉・チャ葉・バコパモンニエラエキス・バラエキス・タカサブロウ葉・カミメボウキ葉エキス・コーヒー種子エキス・アセンヤクノキガム・コロハ種子エキス

化学色素不使用なのでより安心して使えます。パッチテストで問題なかったら、この成分だと安心して使える予感。人気の秘密は植物性の原料が豊富に使われているからです。

成分をみると、ヘナタトゥーは断トツ安心して使えますね。

ピアオンラインショップ 公式サイトを見る

~ごましおプリンが愛用中の良く染まるヘナ~