白髪隠し

白髪隠しの色落ちはどうして起こるの?液状は乾いた後触ろう。

白髪隠し 色落ち

白髪隠しの色落ちはショック!!です。出がけに触ったら、手に色移りしていると、げんなりとしますね。

白髪隠しの色落ちの原因

白髪隠しの色落ち原因は、汗や水ぬれです。また、乾ききらないうちに自分で触ってしまっても色落ちします。

なので、製品に「ウォータープルーフ」表示のあるものを選ぶと、汗や水ぬれによる色落ちは防ぐことができます。

液体はその性質上、肌、洋服や家具に付くと色移りします。白髪隠しの場合はシャンプーで取れるので、色移りした時点でなるべく早くとってみましょう。

  • 基材が水性
  • ウォータープルーフではない製品
  • 速乾性表示がない製品

白髪隠し製品自体の性質

水をはじくための成分が配合されているウォータープルーフ表示があれば、汗や雨にも対応できるので、かなり色落ちの心配がなくなります。

基材が油性であるのも色落ちしにくいポイント。液体タイプなら速乾性を重視します。

 

  • ウォータープルーフ
  • 基材が油性
  • 速乾性

ウォータープルーフでない製品

ウォータープルーフではない製品だと、雨の日や暑い日は避けた方が無難です。外出先で汗を拭いてみて、ハンカチに付くようならその後は使用をやめておいて、色落ちしづらいものを使っていくほうが無難です。

白髪隠しが色落ちしたものは洗うと取れるか?

製品によってまちまちですが、シャンプーで落ちるタイプのものは、ハンドソープで浮かせると、指に付いたものは取れました。

洋服等についた場合は、早めに洗ってしまう事。後は添付書類に目を通してみてください。繊維に入り込んでしまうと、ちょっと厄介です(墨汁ジミなんか面倒ですよね)

白髪隠しはウォータープルーフを選ぶ

とくに4月以降は一段と紫外線も強くなり、汗をかきやすくなります。白髪隠しの色落ちは当たり前のようになります。

梅雨に対応できるよう、今のうちからウォータープルーフの白髪隠しに変えておくことをオススメします。

 

~ごましおプリンが愛用中の良く染まるヘナ~